So-net無料ブログ作成
検索選択

運のつくり方開き方。 [本]

運のつくり方開き方
ISBN4-569-57030-5.gif
最近暇なので、中古書店で適当に買った本を読み倒そうキャンペーンをやってます。
自分は、もともと運は強い方でも弱い方でもないと思っていたのですが、この本には開運とはまた違う「生き方の智恵」のようなものが書かれています。

「運」とは、その字のとおり、「運ぶもの」「動くもの」「めぐるもの」です。
そのため、人には運のいいときも悪いときもあるといったぐあいに、自分の近くをめぐっている運をたまたまキャッチしたときには、何をやってもうまくいく、ということがあるわけです。

たとえば、日本の歴史を見ても、平氏一族のように、いったん運を失うと、二度と再起できず、そのまま滅びていった人たちが数多くいます。たとえ、今まであった運を失ったとしても、もう一度運をつかみ直せば、いくらでも再起をはかることは可能なのですが、運を待つことしか知らない人にはそれができず、滅亡という凶運に取りつかれてしまう運です。

世の中には開運本はたくさんありますが、まさに「転機の時の考え方」というか、今の自分に必要な事が書かれている本だと思いました[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)]


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 2

musselwhite

こんにちは。
こういう風に書かれると、考えて仕舞いますね。
by musselwhite (2011-09-21 10:47) 

マイン

musselwhiteさんコメントありがとうございます。
自分は「運」とか「気」とか「バイオリズム」とか言われると信じてしまう傾向がありますね。。。^^
by マイン (2011-10-14 10:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。